JリーグのYBCルヴァン・カップは13日、準決勝第2戦を行った。札幌は札幌ドームでG大阪を1―0で下し1勝1敗とし、1―2で敗れた第1戦との合計の得失点差で並んだが、アウェーゴール数で上回り、初の決勝進出を決めた。

 札幌は0―0で迎えた後半31分、ジェイからパスを受けた鈴木がドリブルで持ち込み、右足で強烈なミドルシュートを決めた。

 決勝は26日に埼玉スタジアムで行われ、初優勝を目指す札幌は、鹿島と川崎の勝者と対戦する。

...    
<記事全文を読む>