J2・22位の岐阜は第36節の13日、アウェーのNDソフトスタジアム山形で4位山形と戦う。5試合勝利は無いが、2試合連続で最少失点で引き分け、勝ち点1を得ているだけに、粘りが光る守備を攻撃に生かして、勝ち点を奪いたい。

 前節山口戦は試合終了間際に追いつかれて勝ち点3を逃した。今週のミーティングで「残り時間をどのように使い守り切るか、もう一度、意思統一させた」と北野監督。さらに「守備は理解力が増してきた」と手応えを口にする一方で「ボールをすぐに奪い返されては、意味が無い。攻撃でもよりミスを少なくしたい」と求める。

 山形は、岐阜から今季途中に移籍したFW山岸ら個...    
<記事全文を読む>