J1清水エスパルスの篠田善之監督(48)とMF西沢健太(23)が、Jリーグの月間優秀監督と月間MVP(ともに9月度)にそれぞれ選出された。Jリーグが11日発表した。
 篠田監督は、原博実Jリーグ副理事長らが務める選考委員から「9月2連勝。2列目が飛び出す小気味の良い攻撃ができている」「手駒の個性を引き出している」などと評価を受けた。
 2試合で4得点2アシストと活躍した西沢は「仕掛けるプレーは歯切れがいい」「左サイドで相手に脅威を与えた」「いまJ1で最も危険な男」などと評価された。

...    
<記事全文を読む>