菅野は柏時代の2011年にJ1優勝、12年には天皇杯のタイトルを獲得。そして13年にはペトロビッチ監督が率いていた浦和に決勝で勝利し、Jリーグ杯を掲げた経験も持つ。

 「タイトルを獲って僕が思ったのは、うれしいでも安心したでもなく、『また獲りたい』ということ。(優勝すれば)どん欲な選手が増え、コンサのレベルアップのスピードも引き上がる」と菅野。成功体験が常勝への近道と心得るからこそ、絶対にこのチャンスを逃すつもりはない。

 第1戦を1―2で落としたものの、13日の第2戦で完封勝利すれば決勝進出。GKとして、燃えないわけがない。菅野は「1年間積み重ねてきたミシャの...    
<記事全文を読む>