サッカーJ2はリーグ戦最終盤に入り、モンテディオ山形は3度目のJ1昇格に向けた正念場を迎えている。現在4位の好位置で、クラブを運営する相田健太郎社長は「一枚岩になり、最後まで戦い抜きたい」。今季スローガンの「一丸」を掲げ、ホーム戦の県民集結を呼び掛けている。

 2015年の降格後、J2中位に甘んじてきたが、今季は7シーズンぶりに首位で前半戦を折り返した。夏場の苦しい時期を乗り越え、現在は通算成績17勝10分け8敗。自動昇格圏の2位と勝ち点2差に迫り、ホーム4戦、アウェー3戦の計7試合で勝負を掛ける。

 集客は好調を維持し、追い風となった。1万...    
<記事全文を読む>