J1湘南は10日、トップチームの新監督に、育成部門を統括していた浮嶋敏氏(52)の就任を発表した。同日の練習から指揮を執り、「当面の目標はJ1残留。残り試合に全部勝つことを目指したい」と意気込みを語った。19日の横浜M戦が初采配となる。

 湘南は、スタッフや選手へのパワハラ行為でJリーグの処分を受けたチョウ貴裁前監督(50)が8日に退任。現在リーグ15位と低迷している。浮嶋監督は「残り6試合という難しい時期だが、誰かがやらなきゃいけない。湘南のサッカーを引き継ごうと決断した」と述べた。

 東京都出身の浮嶋監督は日産FCファームや富士通でプレー...    
<記事全文を読む>