日本サッカー協会(JFA)は10日、東京都内で臨時の技術委員会を開き、J1湘南前監督のチョウ貴裁氏がパワハラ行為でJリーグから処分を受けた問題について、対応を協議した。11月に行われる次回委員会で、同氏に対する措置が決まる。

 同日、日本代表のモンゴル戦が行われた埼玉スタジアムでJFA幹部が取材に応じた。同氏への聞き取りを含めた情報収集が行われる見通しを示し、委員会から下される措置が指導者ライセンスに関わる可能性について、同幹部は「それもスコープ(視野)にある」と言及した。

...    
<記事全文を読む>