北海道コンサドーレ札幌は空路で大阪から戻り、リカバリーを行った。9日、G大阪とのルヴァン杯準決勝第1戦で2失点に絡んだMF白井康介(25)は13日の第2戦へ気持ちを切り替え、汚名返上を誓った。

 準決勝第1戦に敗れた札幌。中でも2失点に絡んだMF白井は悔しさを隠さなかった。不運なハンドでPKを献上し、自身のクリアミスで痛恨の決勝ゴールまで奪われた。「いい試合だっただけに、自分のミスで負けてしまって本当に悔しい」と唇をかんだ。

 だが下ばかり向いてはいられない。主力組はランニングなどの軽いメニューで終えたこの日も、入念にコンディションを調整。誰よりも遅くまでグラウ...    
<記事全文を読む>