日本製鉄室蘭サッカー部が、全国社会人サッカー選手権大会(11日開幕・鹿児島県)に2年連続で出場する。全国大会出場は今回で20回目だが、まだ勝利はない。病気で昨年亡くなった前主将の思いも胸に、選手たちは「まずは1勝」と闘志を燃やす。初戦は12日、バンディオンセ加古川(兵庫)と対戦する。

 日鉄室蘭サッカー部は選手、スタッフ計28人で、毎週5日程度、室蘭市輪西町のグラウンドで練習に励んでいる。

 道内各ブロックの代表など8チームが出場し8月に開かれた道予選では、1回戦を快勝。優勝した北海道十勝スカイアース(十勝地区代表)に準決勝で敗れたものの、3位決定戦でトヨタ自動...    
<記事全文を読む>