静岡学園高MF松村優太(18)のJ1鹿島入りが10日、内定した。J1の4クラブが獲得を目指していたアタッカーは同校で仮契約を結び、抱負を述べた。
 昨年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を制し、J1制覇も8度の常勝チームでのプレーを決めた松村。「自分がレベルアップできると思った。海外で通用する選手になる夢をかなえたい」と鹿島入りを決断した理由を明かした。7月に正式な誘いがあり「驚いたのと、ここまで頑張って良かったという気持ちだった」と振り返った。
 大阪市東淀川区出身。「自分のスピードを生かす技術を磨きたい」と静岡学園高へ進学した。当初は目立たなかったが、同校...    
<記事全文を読む>