浜松市で唯一の女子サッカークラブで、中学生が主体の浜松泉FC(県女子サッカーリーグ二部)が公式戦で高校や社会人クラブを破り、注目を集めている。十一月十日に三重県伊勢市で開幕する全日本U-18(十八歳以下)女子サッカー選手権東海大会に出場し、全国出場も視野に入れる。

 男子少年団と一緒にプレーする女子の受け皿づくりにと二〇〇八年に創部。峰山直久監督らの指導で急速に力をつけてきた。

 県西部を中心に、現在の会員は約八十人。ことしの皇后杯全日本女子サッカー選手権県大会では一回戦で静岡大成高(県女子リーグ一部)を3-0、二回戦も社会人の富士見FCガイア(県女子リーグ一部...    
<記事全文を読む>