サッカーJ2のFC琉球は11日午後6時から、那覇市泉崎の琉球新報ホールで「美ら島スタジアム~J1規格スタジアムの早期実現に向けて~」と題したシンポジウムを開く。8日、選手や監督、コーチら10人が、琉球新報社公開空地「あじま~る」やパレットくもじ前などでビラを配布し、参加を呼び掛けた。

 FC琉球は9月に来季のJ1参加資格となるJ1クラブライセンスを取得したが、昇格には上位進出のほか、J1規格のスタジアム整備も条件となる。

 シンポジウムでは、日本プロサッカーリーグクラブライセンス事務局の佐藤仁司マネジャーや、サンフレッチェ広島スタジアム総合戦略推進室の...    
<記事全文を読む>