痛恨黒星…。北海道コンサドーレ札幌はアウェーでG大阪とルヴァン杯準決勝第1戦を戦い、1―2で敗れた。後半29分にPKで先制点を献上。同42分にDF金眠泰(25)のゴールで追いついたが、同ロスタイムに勝ち越しを許した。第2戦は13日、札幌ドームで行う。劣勢を跳ね返し、クラブ初の決勝進出を目指す。

 喜びもつかの間、奈落に落とされた。1―1に追いつき、迎えた後半ロスタイム。MF白井が頭で懸命にはね返したクリアボールは、ゴール正面で待つG大阪のMF倉田の元に転がった。右隅を狙い澄ました巧みなボレーにGK菅野は一歩も動けず。ラストプレーで振り切られ、第1戦を落とした。...    
<記事全文を読む>