サッカー・J1サガン鳥栖は9日、佐賀県内の福祉施設4カ所に「勝点米」を贈った。サガン選手が各施設を訪問して入所者らに直接、米を手渡し、サイン会や写真撮影で交流を深めた。

 勝点米は、サガン鳥栖のホームゲームでの勝ち数に応じて、福祉施設に米を贈る取り組み。この日に贈ったのは今季の前半戦で挙げた4勝分で、県産米「さがびより」をそれぞれ30キロ贈った。

 基山町の児童養護施設「洗心寮」には、金井貢史選手と金森健志選手が訪問。入所する子どもの代表に勝点米を手渡し、サインや写真撮影に応じた。金井選手は「僕たちが勝つことで地元を勇気づけられるし、このような活動もできる。残り...    
<記事全文を読む>