JリーグのYBCルヴァン・カップ準決勝第1戦は9日、各地で2試合が行われ、4年ぶりの決勝進出を狙う鹿島は神奈川県の等々力陸上競技場で川崎と対戦する。キックオフは午後7時。

6日のC大阪戦はボール保持率約30パーセントと守勢に回る時間が続いたが、中央を固めた守備で1-0の勝利。川崎もパスワークが持ち味で、チームスタイルが似た相手との連戦となる。8日のミーティングはC大阪戦の映像を用いて攻守の狙いを整理した。

大岩監督は「映像を見て(C大阪と川崎で)リンクする場面があった。注意すべきところを注意しながら、自分たちのボールの持ち方、視野の持ち方、スペ...    
<記事全文を読む>