雪辱に燃える。今季ワースト5失点の屈辱から中4日で迎える、同じG大阪との戦い。札幌は練習前約1時間のミーティングを行い、戦術練習で修正点を確認した。練習後も金やMF宮沢ら主力が、グラウンド上で意見交換。大敗のショックを振り払い、クラブ初タイトルがかかるカップ戦に向けて集中力を高めている。

 金は5失点した4日のG大阪戦を「切り替えも相手より遅かったし、球際の厳しさも足りなかった」と反省。「ベースのところを見つめ直したい」と原点に立ち返る。練習後は誰よりも遅くまでフィジカルトレーニングに励むなど、気合十分。守備崩壊の責任を誰よりも感じ、早速、行動に移した。

 敵地...    
<記事全文を読む>