サッカーJ2・モンテディオ山形が6日のアウェー千葉戦で、Jリーグ通算300勝に到達した。J1昇格を目指す今季の終盤戦。好守の歯車がかみ合った理想的な勝利でチームの節目を飾った。

 1999年のJ2参戦からJ1で30勝、J2で269勝を重ねた。王手を掛けたアウェー琉球戦は3―3、前節のホーム甲府戦は0―1の結果で先延ばしに。千葉市のフクダ電子アリーナには山形サポーター約1300人が駆け付け、記念日を待ち望んだ。

 前半に1点を先行し、一度は追い付かれた後半12分、山形一筋12年目のMF山田拓巳が勝ち越し弾。後半ロスタイムまで貪欲に得点を狙い、攻...    
<記事全文を読む>