サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は6日、アイスタ日本平での国際親善試合でカナダ代表と対戦し、4―0で快勝した。前半6分にFW岩渕真奈(INAC神戸)が先制点を決め、後半に3得点を挙げて突き放した。16強に終わった6~7月の女子ワールドカップ(W杯)後初めての試合。東京五輪に向け巻き返しを期すMF杉田妃和(INAC神戸、藤枝順心高出)らが躍動した。

 日本 4(1―0 3―0)0 カナダ
 ▽得点者【日】岩渕(前6分)籾木(後20分)長谷川(後27分)小林(後47分)

 【評】先制した日本が粘り強くカナダの攻撃に耐え、終盤の攻...    
<記事全文を読む>