J1サンフレッチェ広島の選手たちが5日、広島市安佐南区のエディオンスタジアム広島であった神戸戦を前に、新たなサッカースタジアムの建設資金に充てる寄付金を募った。

 広島市と共同で構えたブースに募金箱を設けた。同市西区出身の野津田岳人選手たちが協力を呼び掛けると、紫のユニホーム姿のサポーターが列を作った。市職員も、5万円以上の寄付をした人に、新スタジアムの芳名板に名前を掲げる特典があるふるさと納税制度をPRした。

 募金に応じた同市安佐南区の会社員岡本祐奈さん(24)は「スタンドとピッチができるだけ近いスタジアムを造ってほしい」と声を弾ませていた。

 ...    
<記事全文を読む>