明治安田J1第28節第2日(5日・駅前不動産スタジアムほか=5試合)首位のFC東京は終盤に2失点し、鳥栖に1―2と逆転負けして勝ち点53のままだった。3位の横浜Mは磐田に2―0で快勝し、同52に迫った。大分は名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムで名古屋と対戦し、1―1で引き分けた。通算成績は10勝10分け8敗とし、勝ち点40で順位は8位のまま。
 広島は6―2で神戸に大勝。松本は仙台を破って4試合ぶりに勝った。
 大分の次の試合はリーグ第29節で、18日午後7時半から埼玉県の埼玉スタジアムで浦和と対戦する。

 【大分1―1名古屋評】大分は前節と同じく...    
<記事全文を読む>