サッカーJ2のファジアーノ岡山は5日、アウェーで東京Vと対戦し、2―1で逆転勝ちした。3試合ぶりの勝利となり、J1昇格のプレーオフ圏内入りに向け、大きな勝ち点3となった。通算成績は16勝9分け10敗(勝ち点57)。

 ファジアーノは前半4分に不用意なバックパスを奪われ、そのままゴールを決められ、0―1で折り返した。後半早々にFW中野のパスを受けたMF仲間がスライディングでけり込み、同点に追い付いた。終盤の後半38分には、相手のクリアボールをMF上田がボレーでゴール左隅に突き刺し、勝ち越した。

 東京Vは先制点の後、再三好機をつくったものの、追加点が遠かった。 <記事全文を読む>