10月のサガン鳥栖はリーグ戦2試合と天皇杯1試合を戦う。終盤戦を迎えるリーグは12位から降格圏の16位までが勝ち点4差にひしめく大混戦。残留を争う下位チームが意地を見せて上位勢から勝ち点を奪う試合も多い。どんな相手に対しても気持ちを前面に押し出して挑みたい。天皇杯では6年ぶりの4強入りに期待がかかる。

 リーグ戦で対戦する首位・FC東京は相手の勢いを利用したショートカウンターが武器。磐田は最下位に沈むが、順位が近い鳥栖との対戦は並々ならぬ覚悟で向かってくるだろう。天皇杯では高い攻撃力を誇る清水と対戦。打ち合いになることが予想される。

...    
<記事全文を読む>