J2アルビレックス新潟は、リーグ第35節の5日午後2時からデンカビッグスワンで鹿児島と戦う。下位に沈む相手だが、油断は厳禁。気持ちで負けないことが、勝利への鍵となりそうだ。

 鹿児島は4連敗中で、9勝3分け21敗の20位。失点数はリーグワースト2位の61。降格圏の21位とは勝ち点2差と苦しむものの、その分「死に物狂いでくる」と吉永監督は警戒する。選手たちも気を引き締める。

 逆転勝ちした6月の前回対戦を踏まえ、MF高木は「苦労をしないと勝ち点3は奪えない。相手の気持ちに負けないようにしたい」と強調。DF舞行龍(マイケル)は「試合の入りやセットプレーで集中を切らさ...    
<記事全文を読む>