サッカーJ1仙台などを運営するベガルタ仙台(仙台市)は2日、仙台市内で取締役会を開き、2019年度の中間決算(2~7月)を報告した。入場料収入の増加などで経常利益は1100万円の黒字となったが、予算の9800万円には届かなかった。クラブによると収入の6割前後が上期に集中する傾向にあり、年間では赤字となる見通しだという。
 収入は15億2700万円で前年同期から1億7200万円の増加。トップチームの入場者数が試合数の増加で前年から9219人増えたことやクラブ創設25周年記念の協賛金1500万円が入った。一方、スポンサー収入は5億5700万円で前年から1500万円減った。
<記事全文を読む>