サッカー女子の本県選抜は三重にPK戦の末、惜敗した。終始主導権を握れずに攻守のバランスが崩れ、初優勝にあと一歩届かなかった。

三重は準決勝までの3試合で12得点と抜群の攻撃力。本県選抜は守備からリズムをつくっていきたかったが、この日は我慢の時間が長すぎた。

終始猛攻に耐えた。自陣内に次々と蹴り込まれる精度の高い縦パス。中盤の選手も自陣ゴール前で対応に追われた。守護神のGK中橋まりな(つくばFCレディース)が好セーブを連発。寸前でゴールラインを割らせなかった。

守備の意識が強すぎた結果、攻撃が手薄になった。攻撃陣がクリアボ...    
<記事全文を読む>