サッカー女子日本代表の「なでしこジャパン」は11月10日、ミクニワールドスタジアム北九州(ミクスタ)で南アフリカ代表との国際親善試合を開催する。ミクスタ初となるサッカーの国際試合で、若松区出身のMF杉田妃和(ひな)選手(22)=INAC神戸=の出場も期待される。

 開催される大会は「MS&ADカップ2019」。誘致に取り組んだ市国際スポーツ大会推進室によると、なでしこ強化のために日本サッカー協会が2019年に2試合開催する親善試合の一つだという。20年東京五輪に向けた大事な一戦となる。

 6月にあった女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で活躍した杉田選手は、1...    
<記事全文を読む>