西武の十亀剣投手(31)が30日、今季初取得した国内FA(フリーエージェント)権を行使した上で残留することを表明した。埼玉県所沢市の球団事務所で記者会見して「FA権を行使して残留する運びになりました」と話した。来季から3年総額約2億円の複数年契約を結ぶとみられる。

 渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)が監督だった2012年にドラフト1位で入団。今季は7月に区切りの通算50勝に到達し、FA権を行使しての移籍も視野に入れていた右腕は、残留を決断した理由には渡辺GMへの「仁義」を挙げた。

 「GMと何度か話して、少しずつ解決に向かった。ドラフトで入ったのもGMが監督を...    
<記事全文を読む>