明治神宮大会出場を懸けた第15回関東地区大学野球選手権大会第2日は30日、横浜スタジアムで2回戦の残り3試合を行い、本県の白鴎大(関甲新1位)は創価大(東京新2位)と対戦、10-9で逆転サヨナラ勝ちを収めた。31日の準決勝に勝てば初の明治神宮大会出場が決まる。

 白鴎大は先発の山田啓太(やまだけいた)(神・東海大相模)が初回に4点を失ったがその裏に大下誠一郎(おおしたせいいちろう)(白鴎足利)、ラミレス・レンソ(文星付)らの適時打、京橋幸多郎(きょうばしこうたろう)(福岡・星琳)のスクイズで逆転に成功した。2点リードで迎えた九回に2番手の大関竜登(おおぜきりゅうと)(真工)...    
<記事全文を読む>