BCリーグ・信濃グランセローズの選手や柳沢裕一監督らがこのほど、上田市の川西社会体育館で市内の小中学生約70人に野球の打撃や投球を指導した=写真。地元の野球チーム指導者らでつくる協議会がグランセローズに協力を依頼。川西、川辺両小学校、第六中学校の児童・生徒が参加した。

 グランセローズからは7人が参加し、選手がキャッチボールやゴロの捕り方を実演。バッティングの指導では「足を平行に」などと声を掛けていた。

 協議会は、子どもたちに野球の楽しさを知ってほしいとプロから指導を受ける催しを企画しており、今回が3回目。手塚明久会長(59)は「選手たちの...    
<記事全文を読む>