プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの秋季キャンプが30日、倉敷市のマスカットスタジアムで始まった。パ・リーグ最下位に沈んだ昨季から3位に浮上した今季は、2年ぶりにクライマックスシリーズ(CS)に進出。三木肇新監督の下、来季のさらなる躍進へ向け、選手たちが精力的に汗を流した。

 倉敷での秋季キャンプは2011年から9年連続。グラウンドで歓迎式典があり、佐藤兼郎岡山県副知事、伊東香織倉敷市長が「来季のリーグ制覇と日本一を目指して鍛えていただきたい。充実したキャンプになることを期待している」などとあいさつ。2軍監督から昇格した三木新監督は「皆さまの思いを胸にしっかり...    
<記事全文を読む>