西武の秋山翔吾外野手(31)が29日、海外フリーエージェント(FA)権を行使して米メジャーに挑戦する意向を明かした。新天地を選択するにあたり、2013年オフに田中将大のヤンキース入りをまとめたケーシー・クロース氏と代理人契約を結ぶ意向だ。高みを目指す強い思いと大物代理人の後押しを受け、日本球界を代表するヒットマンが新たな一歩を踏み出す。

 緊張した面持ちに強い決意がにじんだ。秋山は海外FA権の行使に踏み切った理由について「若い頃から日本代表に呼んでもらい、海外の選手と戦ううちに、最高峰のレベルと呼ばれるメジャーを目指すようになった」と明かした。

 2013年に台...    
<記事全文を読む>