沖縄初のプロ野球チームとして日本プロ野球機構(NPB)参入を目指す「琉球ブルーオーシャンズ」は29日、県庁で清水直行監督の決定記者会見を開いた。清水監督は「県民に応援されるチームづくりをしていく。NPBに参入し、勝てるチームにしたい」と抱負を述べた。

 目指すチーム像については「私は投手出身で守備面を強化すると思うが、攻撃的な野球もしたい。自分に何が必要かを考えられる選手を育てたい」と説明。その上で「球団としてNPBを目指すが、ここからNPBに行く選手が出ることも願っている」と述べた。

 会見には入団第1号選手で元ヤクルトの比屋根渉外野手も同...    
<記事全文を読む>