2年ぶり3度目の独立リーグ日本一を果たした四国アイランドリーグplus(IL)の徳島インディゴソックスは29日、徳島市のJRホテルクレメント徳島で「2019シーズン報告会」を開いた。選手や球団関係者、ファンら約200人が参加し、優勝の喜びを分かち合った。

 選手一人一人が紹介された後、南啓介球団代表が1月のチームスタートからの1年を振り返り「日本一になり、ドラフトでは3人の指名を受けることができた。選手、監督、コーチ一丸で戦ったシーズンだった」と総括した。

 就任1年目で独立リーグ王者に導いた牧野塁監督は「選手が頑張り、1戦ごとにチームもいい形になった。ファンの...    
<記事全文を読む>