プロ野球・巨人のスカウトが28日、新人選手選択会議(ドラフト会議)で6位指名した伊藤海斗外野手(酒田南高)へのあいさつのため、酒田市の同校を訪れた。「スケールの大きな選手になってほしい」との期待を受けた伊藤外野手は「勝負強い左の長距離打者になれるよう努力していく」と意気込んだ。

 訪問したのは柏田貴史と青木高広の両スカウトで、伊藤外野手、中原浩子校長、鈴木剛監督と面談。伊藤外野手は柏田スカウトからプレゼントされた原辰徳監督のサインの入ったドラフト会議IDを受け取り笑顔を見せた。

 懇談後、取材に応じた柏田スカウトは「飛距離は一番の魅力。柔らか...    
<記事全文を読む>