大学野球の明治神宮大会東北地区代表決定戦は27日、仙台市民球場で決勝と優勝決定戦があり、東北福祉大(仙台六大学1位)が仙台大(同2位)を下して4年ぶりの明治神宮大会(大学の部・11月15~20日)出場を決めた。
 決勝は、仙台大が1勝のアドバンテージがある福祉大を破り、代表争いは優勝決定戦に持ち込まれた。決定戦は福祉大の綱脇が無安打無得点の好投で仙台大を退けた。

中盤リード広げる

 ▽優勝決定戦

東北福祉大(仙台六大学1位)100110010-4   
仙 台 大(仙台六大学2位)000000000-...    
<記事全文を読む>