福岡ソフトバンクの中田賢一投手(37)の阪神への無償トレードが成立し、26日、両球団から発表された。北九大からドラフト2巡目で中日入りし、国内フリーエージェント(FA)権を行使してソフトバンク入り。同学年の摂津正氏(37)らと過渡期のチームを支えた通算100勝のベテランが、球団初の3年連続日本一の直後に、地元福岡を離れて新たな環境に身を置くことになった。中田投手を取材していた記者のメモ帳をひもとくと…。

 昨オフ、中田は揺れていた。FA権を再取得。先発として任されるイニングが減ってもいた。行使を真剣に考えたが、思いとどまり大減俸で残留した。「ずっと野球に真っす...    
<記事全文を読む>