プロ野球ドラフト会議でオリックスから育成6位指名を受けた白鴎大の大下誠一郎(おおしたせいいちろう)外野手(21)が25日、小山市駅東通り2丁目の同大本キャンパスで牧田勝吾(まきたしょうご)アマチュアチーフスカウトら球団関係者から指名あいさつを受けた。入団する意向を固めている大下は「一日でも早く支配下(登録選手)になり、1軍で4番を打てる選手になりたい」と意気込みを語った。 栃木GB前田と橋本、横浜へ移籍  大下は北九州市出身。右の長距離砲として白鴎足利高2年春のセンバツ甲子園に出場。白鴎大では1年から指名打者で出場し、2、3年時には主将も務めた。  この日は牧田チーフスカウトと上村和裕...    
<記事全文を読む>