西武は26日、今季限りで引退した大石達也氏(31)、中田祥多氏(29)の来季チームスタッフ就任を発表した。

 大石氏は球団本部チーム統括部ファーム・育成グループスタッフに就く。6球団競合の末にドラフト1位で2011年入団。戦力外となり現役引退の意向を示していた。球団を通じ「しっかりと勉強して、今後、今までとは違った形でチームに貢献していきます」とコメントした。

 

 

 中田氏はブルペン捕手となる。戦力外となり任意引退選手として公示されていた。球団を通じ「これからは裏方として、陰ながらチームを支えられるよう頑張ります」とコメントした...    
<記事全文を読む>