プロ野球ドラフト会議で巨人から5位指名された星稜高の山瀬慎之助捕手(18)が25日、金沢市の同校で指名のあいさつを受けた。会談後の取材では「盗塁阻止能力は誰にも負けたくない。まず力を上げて、早く試合に出られるようにしたい」とあらためて決意を語った。(小坂亮太)

 巨人の長谷川国利スカウト部長と織田(おりた)淳哉スカウト部主任が訪問した。山瀬捕手は緊張した表情で汗をぬぐい、長谷川部長から「彼らの年齢の捕手が不足していた。指名の瞬間はドラフト会場も盛り上がった」と伝えられると、思わず笑みをこぼした。

 慎之助の名前は、生まれた二〇〇一年に大型新人捕手として注目されて...    
<記事全文を読む>