日本ハムは25日、ドラフト7位の片岡奨人外野手(東日本国際大―札日大高)への指名あいさつを、福島県いわき市の東日本国際大で行った。大渕スカウト部長と白井スカウトの訪問を受けた片岡は「武器は足と肩。まだ全然力が足りないので、レベルアップしたい」と表情を引き締めた。

 道産子で、幼い頃から見てきたチームから指名された。「日本ハムには(以前から)新庄選手や稲葉選手、森本選手といった、華のある外野手が多い」と、目指す姿をイメージする。

 今年3月の社会人チームとの試合で、鮮やかなセーフティーバントを決めるなど活躍した姿が印象的だったという白井スカウトは、現在の1軍外野手...    
<記事全文を読む>