プロ野球の西武からドラフト7、8位で指名された徳島インディゴソックスの上間永遠投手(18)=沖縄県出身、大分・柳ケ浦高出=と岸潤一郎外野手(22)=兵庫県出身、明徳義塾高-拓殖大中退=が25日、徳島市のとくぎんトモニプラザで球団関係者から指名あいさつを受けた。2人は「少しずつプロになる実感が湧いてきた。1軍を目指して頑張っていく」と決意を述べた。
 
 西武の潮崎哲也編成ディレクター(鳴門市出身)と前田俊郎育成・アマチュア担当チーフ、鈴木敬洋担当の3人が訪問。球場に足を運んで2人を見てきた鈴木担当は上間について「将来性があり18歳とは思えない度胸の良さがあ...    
<記事全文を読む>