西武からドラフト6位指名された東京・日大三高の井上広輝投手(18)が24日、東京都町田市の同校で指名あいさつを受けた。最速152キロ右腕は「佐々木投手、奥川投手と投げ合って勝ちたい。同世代には負けたくない」と下位指名からロッテ1位の佐々木(岩手・大船渡高)、ヤクルト1位の奥川(石川・星稜高)ら上位指名投手への“下克上”を誓った。

 神奈川県厚木市出身の井上は小さい頃から西武ファンだったという。涌井(現ロッテ)のレプリカユニホームを着て、メットライフドームで声援を送った。「素直にうれしい。小さい頃からの夢だった」と西武からの指名を心から喜んだ。

...    
<記事全文を読む>