17日のプロ野球ドラフト会議で、八戸学院光星高3年の内野手・武岡龍世を6位指名したヤクルトの橿渕(かしぶち)聡スカウトグループデスクと斉藤宜之スカウトが24日、指名あいさつのため青森県八戸市の同校を訪れた。武岡を「バランスに優れた選手で、経験を積めば順調に育つと信じている」と評価した。

...    
<記事全文を読む>