社会人野球の第45回日本選手権は25日に開幕し、32チームが出場して京セラドーム大阪で行われる。2大会ぶり出場のヤマハは28日の1回戦でJR四国と対戦する。予選では投打がかみ合ったヤマハ。全国でも総力戦で勝ち上がる覚悟だ。
 室田監督は「強いチームばかり。投手も野手もつなぐ意識を持って戦えたら」と話す。全国のエース級の投手を打ち崩すのは難しいだけに、俊足の鈴木の復調は好材料だ。鈴木は「塁に出たらノーヒットで1点を取る。いかにして次の塁に進むか、常にイメージしている」と話す。
 入社4年目の鈴木は50メートル5秒8の俊足が武器で、駆け引きや読みといった実戦感覚に定評が...    
<記事全文を読む>