ドラフト会議でオリックスから5位指名された国際武道大の勝俣翔貴内野手が23日、勝浦市で古屋英夫編成部副部長らから指名あいさつを受けた。「1軍でレギュラーを取ることを目標にやっていきたい」と力を込めた。

 広角に力強い打球を飛ばせる三塁手。高校、大学時代ともに日本代表に選ばれ、強打を発揮した。ドラフト会議から約1週間が経過したが「まだあまり(指名の)実感がない」と初々しく笑った。

 神奈川県箱根町出身。東京・東海大菅生高から国際武道大に進み、最終学年は主将も務めた。「バッティングが成長できた」と大学4年間を振り返った。

 参考にしたいオリックスの選手に...    
<記事全文を読む>