「先輩の東さんを追い抜きたい」。ベイスターズからドラフト2位指名された立命大の坂本裕哉投手(22)が、入団前から昨年の新人王超えを“宣言”だ。吉田孝司スカウト部長ら球団関係者から23日に指名あいさつを受けた左腕は、ルーキーイヤーに11勝をマークするなど、まばゆい成績を残した大学の先輩東を1年目から超えていくことを力強く誓った。

 「いい男だ。似合っているよ」。吉田スカウト部長からブルーのキャップ姿を絶賛されると、「実感が湧いてきました」と緊張しっぱなしだった端正なマスクを緩めた。

 180センチから最速148キロの直球、変化球を投げ分け、...    
<記事全文を読む>