◇ソフトバンク6-2巨人

 マウンドから本塁までの距離、18・44メートル。投手が白球を投じてから一瞬で明暗が分かれる勝負に、果たして巨人打線は自分の「間合い」で臨めていたのか。日本シリーズ史上12人目となる亀井の初回先頭打者本塁打も起爆剤とはならず、得点はそのベテランの2本のソロ本塁打で挙げた2点のみ。「なかなかジャイアンツの良さが出切っていない」。3連敗を喫し、原監督の声にも疲労の色がにじむ。

 深刻なのは、今季の象徴である2番坂本勇と3番丸。坂本勇は第1戦の最終打席に1安打を放ったのを最後に快音が響かず、この日は4打席...    
<記事全文を読む>