日本ハムは22日、ドラフト4位の鈴木健矢投手(JX―ENEOS)に指名のあいさつをした。大渕スカウト部長と坂本スカウトが川崎市の同社とどろきグラウンドを訪ね、鈴木は「1年目から頑張りたい気持ちが強まった」と話した。

 右横手投げから、最速147キロの速球とスライダーやツーシームで内角を強気に突くのが持ち味。社会人日本代表の経験もある21歳は「右の強打者を抑えるのが自分の仕事。中継ぎで年間60試合を投げたい」と勝ちパターンの一角入りを目標に掲げた。

 神奈川・桐蔭学園高野球部コーチから転身1年目の坂本スカウトは「球のキレや伸びがすごい。卒業生でプロに行った選手を何...    
<記事全文を読む>