大分高3年の江川侑斗捕手(18)が、17日にあったドラフトで楽天に育成1位で指名された。夢だったプロ野球への扉を開いた江川捕手は、支配下登録を目指し「技術的にも人間的にも力を付けたい」と力を込めた。

 江川捕手は遠投115メートル、二塁送球1・8秒台の強肩が持ち味。小学1年で大分市の松岡少年野球クラブで野球を始め、中学3年の夏には、日本代表の4番打者として全米選手権に出場した経験もある。

 

 

 楽天の印象を聞かれると「素晴らしい選手がたくさんいる。声をかけてもらってうれしい」。野球を始めた頃からプロ野球で活躍することが目標だった...    
<記事全文を読む>