大学野球の秋季東海選手権は21日、草薙球場で決勝を行った。日大国際(静岡1位)が中部学院大(岐阜1位)に延長10回タイブレークの末、3-2でサヨナラ勝ちし、13年ぶりに優勝した。日大国際は明治神宮大会代表校を決める東海、北陸、愛知の3連盟王座決定戦(26、27日・石川)に出場する。

 ▽決勝
 中部学院大(岐阜1位) 
 0001000001―2
 0010000002×―3(延長10回タイブレーク)
 日大国際(静岡1位)
 (中)津山、鈴木―増田
 (日)大石、田辺―林
 ▽三塁...    
<記事全文を読む>